腱鞘炎? > テニス肘? > 腱板炎 > 肩関節周囲炎いわゆる五十肩(>_<。)

 
今年の初めかな〜いや去年の終わり頃からだったのかも。。。
Appleのマジックマウスの調子がおかしくて、
なんか変に力を入れないと操作できなくて。。。
でも、まぁ使えるしなんとかなるかなと思っていたら。

今度は、いわゆるテニス肘のように、肘まで痛くなってきた。。。

でも、マウスは壊れてるわけじゃないから、どうしようかなと思っていたら、
今度は、上腕部が痛くなってきた(>_<。)

そして、肩も痛くなり、激痛が走るようになりました。。。

そこまで2ヶ月ちょいだったかなぁ。。。
仕事の締切も厳しかったし、何よりすごく寒かったし、
まだとろんの死の傷も癒えてなくて、外に出るのが億劫だった時期。
そしたら、どんどん酷くなったわけです(>_<。)

整形外科に行き始めた時は、腱板炎と言われました。
これがもう少し酷くなると、いわゆる五十肩になると。。。
ところが、私はここから酷くなってしまいました。

昔から四十肩、五十肩っていう名前は知っていましたが、
私は肩凝りの酷いやつだと思っていたんです。
どうせ、そういう痛みでしょ?って。。。。

はい、本当に申し訳ありませんでした!!!!!
全く別ものでした。
こんなに激痛が走るものとは思いもしませんでした(ノ_・、)

甘くみておりました。。。

私は整形外科に行った時が、まだましだったみたいで、
湿布薬で最初は対処していたのですが、
だんだん酷くなり、痛み止めの飲み薬セレコックスを処方していただきました。
でも、やっぱり痛みが治まらないので、今度は肩に注射となりました。

私は、小さい頃、ピリン系の注射で意識をなくしてぶっ倒れたことが2度あり、
大人になってからは、風邪を引いたときに打たれた注射で、意識を失いかけたことがありました。
でも、歯医者とかでロキソニンをいただいても、別になんてことなかったので、
痛み止めでは問題あったことはありませんと先生に伝えました。

ところが、ここで、注射を打った2日目にアレルギーが出てしまいました。
セレコックスを飲み始めて2週目でした。
顔がまだらに赤く腫れてるのです!!!(>_<。)
そのうち身体も、赤い斑点が全身に出始めました。。。
でも、痒みはないんですよね。。。
痒みがなかったので、顔に出るまで気づかなかったとも言えます。
それで、整形外科の先生に電話をしました。
私は注射かなと思ったんですが、先生曰く、痛み止めの飲み薬かもしれないと。。。

先生のところへ行き、紹介状をいただいて皮膚科に伺いました。
やっぱり、その痛み止めのセレコックスの可能性が高いかもしれないという判断でした。
たまたま耳鼻科でもらったばかりのザイザルがアレルギーにはとても効くというので、
それを普段は1錠だけれど、2錠飲むようにと言われて、
その後は次第に落ち着きましたヽ(´▽`)/

でも、その後は痛み止めの飲み薬もちょっと怖いということで、
飲めなくて、痛みが治まらなくて。゚(゚´꒳`゚)゚。

 
最近は、寝返りを打ちたいのだけれど体勢を変えると激痛で辛くて
熟睡できなかったりしたので、今日からリハビリも加わりました。
一週間に一度の肩への注射と、週に2,3回のリハビリです。
低周波?と肩を温めるリハビリは、気持ちよくて、
リハビリだけならそれほど待ち時間も長くないので、通おうと思います♪

しかし、本当に五十肩は辛い。゚(゚´꒳`゚)゚。
着たい洋服も着られません。脱ぐときが地獄だから(>_<。)
最近は、だいぶ脱ぎ方のコツも心得てはきたけれど、
伸びない素材の脱ぎ着はやっぱり無理かなぁ。。

完治までには一年くらいかかると聞きますが、
なんとか注射とリハビリが効いてくれて、もう少し早く治ればいいなーと思っています。゚(゚´꒳`゚)゚。

あ、書き忘れるところだった!!!

Twitterで流れて来たのですが、
家族からもらった湿布薬モーラステープで、酷い症状になったり、
お薬手帳に書いてなかったことで、目薬で死に至ることもあるということです。
私たちは、どうしても、目薬や湿布薬を、
別に申告するほどのものでもないと思いがちですが、
それが命とりになることもあるそうなのです!!
実際その目薬のことで、薬局の方が、自分のところにも言わなかったから、
気になって、入院された病院に問い合わせて、もしかしたら使っているかも?と、
そしたら、案の定入院先でもその目薬を差していたと。。。

私はそのツイートを読んでから、自分のお薬手帳に、
今までの自分のあれこれや、湿布薬なども自分で記帳するようになりました。
自分の命を守るのは自分ですから。

コメントを残す